【名言10選と感想・あらすじ】52ヘルツのクジラたち※ネタバレあり

この記事は約10分で読めます。
ハナハナ
ハナハナ

本:『52ヘルツのクジラたち』を紹介します!

今回は、【52ヘルツのクジラたちの名言10選と感想・あらすじ】を、本:『52ヘルツのクジラたち』を基に紹介します。

この記事は、こんな人にオススメ!

・本:『52ヘルツのクジラたち』の名言、感想、あらすじを知りたい

・『52ヘルツのクジラたち』が好き

・ハナハナのオススメ本を知りたい

本:『52ヘルツのクジラたち』とは?

2021年に本屋大賞を受賞した、町田そのこさんの小説です。

52ヘルツのクジラとは、他のクジラとは鳴き声の周波数が違う、近くにいても決して交わる事のできない孤独なクジラです。

今まで家族に搾取されてきた主人公の貴瑚が、「ムシ」と呼ばれて虐待を受けている少年と出会います。

貴瑚は、どのようにして少年を救い出すのか、52ヘルツのクジラが、物語にどのように関わってくるのか。

本文中に、本当に腹が立つ嫌味な人物が出てきますが、それを超えるくらい心優しい仲間も多く登場し、最後まで読み進めれば絶対に「読んで良かった」と思うはずです。

ハナハナおすすめの一冊です。

52ヘルツのクジラたちの名言10選と感想

52との出会い

「助けて、アンさん」 食いしばった歯の隙間から絞り出すように言うと、ぴたりと雨が止んだ。驚いて顔を上げると目の前にジーンズを穿いた足が伸びていて、もっと見上げると、飛んでいったはずのわたしの傘を差した女の子がいた。

本:『52ヘルツのクジラたち』より

コンドウマートで買い物をしていた貴瑚は、知らないおばあさんからの「突撃」を受けて、逃げるように店から出た。

雨は強くなり、強風で傘は飛び、全てがどうでも良いと思っていたら、腹部に猛烈な痛みが襲ってきた。

ここにはいないアンさんに助けを求めると、突如として雨が止んだ。

よく見ると、以前見かけた女の子が貴瑚に傘を差し出してくれていた。

物語のキーパーソンとなる「52」と初めてコンタクトを取った印象的なシーンです。

誰にも、憐れまれてはならない

もう二度と、このひとにも誰にも、憐れまれてはならない。それからわたしは、大人を常に警戒するようになった。

本:『52ヘルツのクジラたち』より

貴瑚が小学4年生の時、担任との三者面談で、貴瑚の服にアイロンが掛かっていないことを母親が指摘された。

母親が弟を溺愛していて、連れ子である貴瑚に愛情が注がれていないのを、担任が遠回しに指摘した形だ。

面談が終わって帰宅した直後、母親は激怒して貴瑚を殴り、トイレに隔離されて食事を十分に与えないなど、虐待はエスカレートしていった。

悪いのは母親ですが、担任の中途半端な優しさによって、貴瑚は苦しむことになりました。

以前紹介させてもらった、本:『流浪の月』でも、中途半端な優しさに苦しむ被害者のお話が出てきました。

【名言5選と感想・あらすじ】流浪の月※ネタバレあり
今回は、【流浪の月の名言5選と感想・内容】を、本:『流浪の月』を基に紹介します。この記事は、こんな人にオススメ!・本:『流浪の月』の名言、感想、あらすじを知りたい・『流浪の月』が好き・ハナハナのオススメ本を知りた...

とても難しい問題ですが、中途半端な気持ちで手を出すと、逆に傷付ける可能性があることは、覚えておく必要がありそうですね。

『恩』では無く『呪い』

死ぬくらい追い詰めてくるものはもう『恩』とは呼べないんだよ。それは『呪い』というんだ

本:『52ヘルツのクジラたち』より

義父の介護に疲れ果てた貴瑚が、家を出てアンさんに出会い、言われた言葉。

今まで育ててきた恩を盾にして、奴隷のような介護生活を強いる母親。

死を考えるほどに追い詰められているのは、恩では無くて呪いである。

個人的には、恩は他人に強いるものではなくて、受けた方が自発的に感じるものだと思います。

恩の呪いは強く、使い方によっては恐ろしいですね。

うるさい口を閉じろよ、おばさん

「いい加減そのうるさい口を閉じろよ、おばさん」

本:『52ヘルツのクジラたち』より

アンさんが、言い訳を続ける貴瑚の母親に対して放った言葉。

今まで散々酷いことをされてきたのに、母親に対する恐怖と情から、いまいち吹っ切れない貴瑚。

アンさんの言葉は、そんなどっちつかずの貴瑚が、前を向いて歩んでいくキッカケになりました。

私も、最初にこの言葉を聞いた時はスッキリして、一発でアンさんのファンになってしまいました。

お母さんが大好きだった

「わたし、お母さんが大好きだった。大好きで大好きで、だからいつも……いつも愛して欲しかった」

本:『52ヘルツのクジラたち』より

子は親を選べなくて、どんなに酷いことをされても、貴瑚にとっては大好きなお母さんだった。

貴瑚は本当に良い子なのに、こんなことを言わせるなんて、最低な母親ですよね。

私にも2歳と4歳の子供がいますが、貴瑚の母親の考えは理解できませんし、理解したいとも思いません。

この言葉を聞いて、改めて子供にとっての愛情の大切さを認識させられました。

『52ヘルツのクジラの声』

『これ、聴きな』『なに』 『52ヘルツのクジラの声』

本:『52ヘルツのクジラたち』より

貴瑚とルームシェアをしていた美音子ちゃんが、52ヘルツのクジラについて教えてくれた場面。

美音子ちゃんは口数が少なく、お互いに深く干渉することは無かったが、貴瑚が苦しい時にはそっと缶ビールを転がしてくれるなど、さりげない優しさに貴瑚は救われていた。

美音子ちゃんから教えてもらった52ヘルツのクジラの声に、貴瑚はこれから幾度となく励まされることになります。

貴瑚の辛さを半分ちょうだい

貴瑚の辛さを半分ちょうだい。貴瑚がそれを罪だと言うのなら、私にもその罪を半分背負わせて。 

本:『52ヘルツのクジラたち』より

アンさんが亡くなった経緯や、主税との間にあったことを全て見晴に話した後に、美晴から掛けられた言葉。

アンさんや貴瑚の近くにいたのに、十分に力になれなかった見晴は、そのことに罪悪感を抱いていた。

個人的には、美晴は全く悪く無いし、アンさんや貴瑚の事を想って精一杯やってくれていたと思います。

美晴のような友達がいてくれたから、貴瑚は52のことをよい方向に導くことができましたし、そういう意味では美晴の言う罪滅ぼしはできたんだと感じます。

いずれは与える側にならないかん

ひとというのは最初こそ貰う側やけんど、いずれは与える側にならないかん。いつまでも、貰ってばかりじゃいかんのよ。

本:『52ヘルツのクジラたち』より

村中のおばあさんが、52の母親に対しての思いを語った言葉。

村中のおばあさんについて、最初はただのお節介おばあさんだと思っていましたが、理由を話せばちゃんと分かってくれて、後半はかなり頼りになる存在でした。

"人は、いずれは与える存在にならないといけない。"

おっしゃる通りですね。子供を持つ身として、大変参考になりました。

先生は今誰の目も見てないっすよ

「先生、昔言ってたじゃないすか。ひとの目を見て話す人間こそ正しいって。あの子たちはちゃんと目を見てるし、先生は今誰の目も見てないっすよ」

本:『52ヘルツのクジラたち』より

村中が、52の祖父である品城さんに対して言った言葉。

昔から、生徒の表面的な美しい所だけしか見てこなかった品城さん。

品城さんが昔言った“ひとの目を見て話す人間こそ正しい“という言葉も、結局は上辺だけしか見ていなかったので、村中に上手くやり返されてしまいました。

村中の最も輝いている場面です。

たすけてと言ったぼくのこえ、キナコはきいてくれたよ

「あの夜、たすけてと言ったぼくのこえ、キナコはきいてくれたよ」

本:『52ヘルツのクジラたち』より

今まで話すことが出来なかった52が、貴瑚のために頑張って言葉を発した場面。

貴瑚がやってきたことが、報われた瞬間でもあります。

読者の多くが、涙した場面だと思います。

以上、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

まだ『読んでいない』、もう一度『読み返したい』方はこの機会にぜひ!⬇︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました